Welcome to my blog

ごきげんのもと。

ARTICLE PAGE

『ちっちゃな科学  好奇心がおおきくなる読書&教育論』  かこさとし/福岡伸一 著 【書評】

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


『ちっちゃな科学  好奇心がおおきくなる読書&教育論』  かこさとし/福岡伸一 著


最近、かこさとしさんが気になってしょうがありません。

かこさんは子どものことを「子どもさん」といいます。決してお子さま扱いなんてしない。
一人前の人として真正面から向き合い、きちんとした本物を提供する。

その姿勢が本当にすばらしいと思います。
私も普段子どもに接するときはそれを大切にしているので、本当に共感します。


また、かこさんのプロフィールに「東京大学工学部出身」とあって、衝撃を受けました。
イメージと全然違っていたのでびっくりしたのです。
さらに気になって調べてみたら、サラリーマンをしながら絵本を描いていた方だと判明。
別のお仕事をしながら、あの出版量なの!?と自分の理解を超えてしまいました。

そんなこんなで気になり過ぎて、今回手にしたのがこの本、『ちっちゃな科学  好奇心がおおきくなる読書&教育論』です。


この本は知る人ぞ知るあの天狼院書店で出会いました。
(念願の天狼院書店にやっと行けた!!)

天狼院書店は思っていたよりもコンパクトなお店で、第一印象は「ここで気になる本と出会えるのかしら…?」という感じでしたが、結果は心配ご無用でした!
コンパクトな店舗にぎゅーっとステキな素敵な本が凝縮されていて、「わぁ、おもしろそう!」って思わず手に取りたい本がたくさんでした。さすが厳選されています。


さて、『ちっちゃな科学  好奇心がおおきくなる読書&教育論』です。

この本はかこさとしさんと福岡伸一さんの対談本です。
基本的にはかこさんご自身のことと作品についてを紹介している本なのですが、お二人の「小自然をおもしろがってほしい」という思いが深く伝わってきます。


子どもを自然好きにさせたかったら、まずは親が楽しむこと。
「殺虫剤でゴキブリを殺しているようなら、子どもも虫嫌いになりますよ。ゴキブリ、美しいじゃないですか。」のような記述がありました。
これは私も同感で、どうして虫より何十倍も大きい人間が虫を見てギャーギャー騒ぐのかよくわかりません。
ゴキブリも油っぽく見えるだけで、表面はベタベタなんてしてないし、他の昆虫との違いなんてありません。
家の中に虫がいるのが嫌なら、そっと捕まえて外に逃がせばいいんです。


他にも、「理系と文系なんて簡単に決めてしまうことなんてできない」とか、
「大自然がなくても、都会にある小自然でも十分学ぶことができる」など、目から鱗が落ちるような素敵な考えに触れることができます。


中でも、かこさんの戦争に対する思いが印象的でした。
かこさんは軍人になりたかったそうですが、後になってそれは間違った選択だったんだと考えるようになります。

子どものころに自分がもっといろいろなことを知っていれば、その選択を間違えなかったのかもしれない。
そう思って、子どものうちからいろいろなことに興味を持ち、本物の知識を蓄えられるように、子ども向けの知識がぎゅっとつまった本を出版するようになったそうです。
科学から歴史、美術など本当に幅広い分野です。

その思いに感動して、かこさんの本を少しずつ甥と姪と一緒に読み始めています。
ちょっと難しくても、解説を加えれば子どもは興味津々で話を聞いてくれます。

かこさんの本は大人にも、子どもにもオススメです。
知的好奇心を刺激してくれますよ。


かこさんのことを知りたかったら、こちらの『未来のだるまちゃんへ』もオススメです。
かこさんの自伝です。



ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、とてもうれしいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment